このwebサイトでは、お客様により快適にご利用いただくために、cookieを使用しております。このwebサイトを引き続きご使用されると、お客様はcookie使用することに同意したことになります。詳しいことはこちらのプライバシーポリシーをご確認ください。

OK

Close

MENU

SHARE

FOLLOW US :

  • PRODUCT SEARCH
  • SEARCH
¥26,400(本体価格¥24,000)

■Controls: Mix, Feedback, Depth, Speed, Delay Time
■Switches: Effect on/off, Tap/Oscillation on (press and hold), Analog/Digital, Modulation on/off, Inst/Line
■I/O's: Input, Output
■Delay Time: Analog 40ms-600ms, Digital 40ms-1500ms
■Size: 116 (W) x 153 (D) x 57 (H) (mm)
■Weight: 750g
■Power Supply: External DC 9V AC adapter
※別途、9V/センター・マイナスのACアダプターをお求めください。(*006P(9V)電池駆動ではありません。)
※消費電流:200mA

SHARE:
ECHO SHIFTER

SPEC

  • SPEC

  • OTHERS

Features

Delay Pedal Echo Shifter "ES3"

Delay Pedal Echo Shifter "ES3"

ペダル・エフェクトでありながら筐体中央に大ぶりのスライダーを備えた異色デザインと、尋常から超特異まで振り幅が広くプレーヤーの想像力次第で得られる様々なディレイ・エフェクトが特長の前身モデル、ES2:Echo Shifterから7年。
ES3はその機能性とサウンドをさらに追及した、新たな ”遊べる” Echo Shifter(エコー・シフター)です。

Analog/Digital Delay Mode

Analog/Digital Delay Mode

従来モデル”ES2”の使い勝手の良さはそのままに、後継モデルである”ES3”では、新たにデジタル・ディレイ・モードを搭載しました。
スイッチの切り替え一つで簡単にアナログ・モード/デジタル・モードをセレクトできます。
アナログ・モードではBBD(Bucket Brigade Device)素子を使用したディレイ・サウンドが生成され、ディレイ・タイムを40ms-最長600msまで設定できます。ES2同様に、ナチュラルで温かみのあるサウンドながら音ヤセが少なく、音抜けの良さを確保しています。
デジタル・モードではディレイ・タイムを40ms-最長1,500msまで設定することができ、飛び道具的なロング・ディレイ効果にも対応可能です。

Instrument/Line Level Switch

Instrument/Line Level Switch

入力する楽器やペダルに応じた、INSTRUMENT/LINE LEVEL切り替えスイッチを採用しました。
INSTRUMENT:一般的なエレクトリック・ギターからの入力レベルに適しています。ES3をギターのエフェクト・ペダルとして使用する場合はこちらを選択して下さい。
LINE:ES3をブースターの後ろにつなぐ場合や、アンプのエフェクトループ(センド/リターン)につなぐ場合、さらにはキーボードのエフェクト・ペダルとして使用する場合など、高出力な信号を入力する際に適しています。

Fader delay time control

Fader delay time control

ディレイ・タイムの調整には、ES2と同様にクラシカルなルックスと使い心地を両立させたフェーダーを採用しています。
また外装はミント・カラーの筐体横に木製のフレームを配置したクラシカルなデザインです。大き目のサイズで安定感があり、卓上での使用も想起させるマニアックなデザインです。

Modulation ON/OFF Switch

Modulation ON/OFF Switch

MODULATIONのスピード・コントロールが可能になりました。
DEPTHコントロールと併せて使うことで大きく表情を変えるそのディレイ・サウンドは、プレイヤーのこだわりと探求心をおおいに刺激するでしょう。

Tap tempo control

TAP/OSCスイッチを操作することで、演奏中に最適なテンポの設定が可能なタップ機能がONになります。

Oscillation ON/OFF control

Oscillation ON/OFF control

TAP/OSCスイッチを長押しすることにより、強烈な発振を起こすOSCILLATIONがONになります。
ON時に、FEEDBACKの調整やディレイ・タイムのスライド動作、MODULATIONスイッチの切り替えなどを行う事で、更にカオティックなサウンドを生み出す事が可能です。

※OSCILLATION (ON)時にディレイ・タイムを急激に長くすると、アンプ・スピーカーを破損する恐れがありますのでご注意ください。

VIDEOS

YOUR RECENTLY VIEWED PRODUCTS