MENU

SHARE

FOLLOW US :

John Scofield

Photo by Nick Suttle

"I loved the way the neck felt on my 1981 AS200, and that was the guitar I always returned to. You find what you're comfortable with and you stay with it. This became the basis for the JSM John Scofield Model introduced in 2001, which reproduced the original AS200 guitar, with added improvements."

John Scofield
  • GROUP

    Solo Artist

    • U.S.A.
    • U.S.A.
  • Model (s) Used :

SIGNATURE MODEL

BIOGRAPHY

John Scofieldのギターは70年代後半からジャズシーンに影響を与えており、現在においてもその影響は力強いままだ。独特のサウンドと多様なスタイルを持ち合わせたScofieldは卓越したジャズのインプロヴァイザーであり、その音楽は一般的にはポスト・バップ、ジャズファンク、R&Bなどのいずれかに分類される。
オハイオで生まれコネチカット郊外で育ったScofieldは、ロック、ブルーズにインスパイアされて11歳でギターを手に取り、その後ボストンのバークリー音楽大学に通った。Gerry Mulligan、Chet Bakerとともにレコーディングデビューを果たした後、2年間 Billy Cobham-George Duke Bandのメンバーを務めた。1977年にはCharles Mingusとレコーディングをし、Gary Burton Quartetに加わった。1978年になるとバンドリーダー、そしてレコーディングアーティストとしてインターナショナルな活動を始める。1982年から1985年の間、ScofieldはMiles Davisとツアーそしてレコーディングを行った。このMiles Davisとの仕事により、彼はプレイヤー、コンポーザーとしてジャズ界の最前線に立つことになる。
それ以来彼は世界的なジャズシーンにおいて自身のグループを率いて傑出した活動をしており、リーダーとして30枚以上のアルバムをリリースしており(それらの多くはすでに普遍的な傑作とされている)、それらはPat Metheny、Charlie Haden、Eddie Harris、Medeski、Martin & Wood、Bill Frisell、Brad Mehldau、Mavis Staples、 Government Mule、Jack DeJohnette、Joe Lovano、Phil Leshなどの名手たちとのコラボレーションを含む。さらに彼はTony Williams、Jim Hall、Ron Carter、Herbie Hancock、Joe Henderson、Dave Holland、日野皓正など多くのジャズ界の巨匠達との競演やレコーディングをしている。そのキャリアを通じてScofieldは正統的なジャズにファンク寄りのエレクトリックミュージックを織り交ぜている。キャリアの初めから現在に至るまで、かれは音楽に対してオープンなマインドを持ち続けているのだ。
自身のグループを率いて世界中を年に200日ほどツアーする彼は、ニューヨーク大学の音楽の非常勤講師でもあり、良き夫でもあり、2人の子供の父親でもある。